建築家と建てる高性能なデザイン注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

神戸市で狭小住宅を建てたい!メリット・デメリット、おすすめエリアを解説

家づくりノウハウ
公開日:2023.12.14
最終更新日:2024.01.16
原田建設株式会社の家づくり写真
原田建設株式会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.12.14
最終更新日:2024.01.16

神戸市で狭小住宅を建てたい!メリット・デメリット、おすすめエリアを解説

相談する人と家の模型
「憧れのエリアに家を建てたい」と思っていても、地価が高くて諦めていませんか?今、都市部で人気が高まっているのは「狭小住宅」です。狭小住宅とは、どのような特徴の家なのでしょうか。

今回の記事では、狭小住宅の基本情報やメリット・デメリットを解説します。また、神戸市で新築住宅を検討している方に向けて、狭小住宅を建てるのにおすすめのエリアについてもご紹介します。これから神戸市で土地を探し、家を建てたいとお考えの方は参考にしてください。

目 次

狭小住宅とは?特徴などをご紹介

建ぺい率と容積率
まず、狭小住宅(きょうしょうじゅうたく)の特徴についてご紹介します。

狭小住宅は、漢字の通り「狭い土地に建てられた住宅」のことです。狭い土地の大きさには、明確な定義はありません。しかし、一般的には敷地面積が約15坪(およそ50㎡)以下の敷地に建築された住宅を「狭小住宅」と呼んでいます。

狭小住宅は、その特徴から地価が高い都市部エリアに建てられるケースが多いでしょう。家を建てる場所によっては「建ぺい率」「容積率」などの制約が異なります。そのため、実際の土地の大きさよりも、家を建てられるスペースがさらに狭くなる場合も。土地探しの際には、その点を考慮するように心がけてください。

狭小住宅は狭い土地を最大限に活かすために、建築上でさまざまな工夫がなされます。例えば、家に地下室をつくったり、3階建てにしたりする事例も少なくありません。

>>「分譲住宅」と「注文住宅」どちらがおすすめ?神戸市の分譲地も紹介

狭小住宅のメリット・デメリット

家小物の上の天秤棒とメリットとデメリットの文字
ここからは、狭小住宅におけるメリットとデメリットを見ていきます。

メリット

狭小住宅の一番のメリットは、土地・建物の価格を抑えられることです。また、土地が狭いことにより固定資産税が抑えられるなど、コスト面でのメリットが多くなっています。

さまざまなコストを減らせることによって、利便性の良い立地に家を建てることが叶えられます。例えば、駅・バス停などに近い交通アクセスの良い場所、近隣に商業施設やスーパーがあり普段のお買い物が充実する場所など。好条件が揃っている人気の高いエリアにも、憧れの一軒家を建てることが可能になるのです。

>>神戸市垂水区の建築相場と坪単価まとめ!自分の年収でできる家づくりとは?

デメリット

狭小住宅を建てる際には、狭い土地を有効活用するためのさまざまな工夫が必要となります。それゆえ、初期投資としての建築費用は高めになってしまう可能性があるでしょう。狭小住宅にとって、生活動線を考慮することは大切なポイントになります。住んでからの生活動線をよく考えて設計しないと、窮屈な住宅になってしまうでしょう。また、敷地を最大限使って家を建てるので、隣接する家との距離が近くなることは避けられません。

狭小住宅を建てる時の注意点は?

要点を解説する茶色のジャケット着用の男性
狭小住宅を建てる際は、住宅設計が重要です。ここでは、狭小住宅を建てる時の注意点を2つご紹介します。

狭い空間を広く見せながら上手に使う工夫

狭小住宅では、狭い空間をできる限り広々と見せて、有効活用できる間取りづくりが必要になります。例えば、壁の数を減らし、その分高低差で部屋を区切る「スキップフロア」を導入するのもひとつの手です。部屋の中心に「吹き抜け」をつくり、圧迫感を減らすケースもあります。他にも、狭い家のなかでも収納スペースを確保するために「階段下のデッドスペースを活用する」など、さまざまな工夫を凝らすことが望ましいです。

プライバシーや防音対策

狭小住宅では、隣の家との距離が非常に近くなります。そのため、壁などに防音対策を取り入れるなど、互いのプライバシーを損ねない設計を意識してください。隣の家からの視線が気にならないように、窓の設計を工夫するケースもあります。「天窓」「高窓」「地窓」などを組み合わせることで、プライバシーに配慮しながら、抜けのある空間をつくる事例もあります。

狭小住宅を建てる際には、さまざまな事例をチェックしたり、建築士に相談したりしながら、丁寧に間取りを考えていきましょう。

神戸市は狭小住宅の建築に向いている?

街づくりを調査する作業員とOL
現在(2023年11月時点)の兵庫県神戸市の坪単価平均は、1,153,023円/坪です。兵庫県のなかでも、芦屋市に次いで2番目に坪単価が高いエリアとなっています。

先述した通り、このような地価の高いエリアには狭小住宅の建築がピッタリです。土地・建物にかかる費用を最小限に抑えながら、理想的な暮らしを手に入れられるでしょう。「予算は限られているが、憧れのエリアに一軒家を建てたい」と思っているなら、ぜひ狭小住宅を検討してみてください。

神戸市は、市内はもちろんのこと大阪方面への通学・通勤がしやすいなどアクセスに優れています。交通の利便性を重視される方にとって、神戸市での狭小住宅住まいはおすすめの選択肢です。

参考元:土地代データ「兵庫県神戸市」
参考元:土地代データ「基準地価 市町村ランキング 2023年[令和5年]」

神戸市で狭小住宅を建てるなら!おすすめエリアをご紹介

ここからは、神戸市で狭小住宅を建てるのにおすすめエリアをご紹介します。

垂水駅周辺エリア

大阪や三ノ宮への通勤や通学がしやすいのが垂水エリア。さらに山陽電鉄を利用し、明石や姫路方面への移動にも便利で、様々なエリアにアクセスしやすいのが特徴です。また文化・子育て環境のリノベーションを進めており、子育て世帯にも暮らしやすい街として注目されています。
瀬戸内海の美しい眺望とともに明石海峡大橋や淡路島が見渡せ、海沿いをウォーキングするなどの落ち着いた生活にも適しています。
参考元:神戸市地域協働局地域協働課|こうべぐらし -kobe gurashi-「垂水エリア」

須磨区

都心部へ電車で13分の好アクセスでありながらも、目の前に須磨海岸が広がり海のある落ち着いた生活を求める方には須磨区がおすすめ。JA線と山陽電鉄の2路線を利用でき、バスも複数通っているため、移動にも困りません。
スーパーや大型の産地直送市場もあり、新鮮な食材の購入はもちろんのこと、レストランでの食事も楽しむことができます。須磨海岸公園のリニューアルも予定しており、子育てにも適したエリアです。

参考元:神戸市地域協働局地域協働課|こうべぐらし -kobe gurashi-「須磨浦エリア」

>>神戸市で受けられる補助金は?街の特徴や住宅支援制度を徹底解説

神戸市で家を建てるなら、R+house垂水にご相談を!

グレーのソファーがある大きな窓に面したリビング
R+house垂水は、デザイン性はもちろんのこと、性能にこだわった家づくりを心がけています。設計などが重要となる狭小住宅においても、丁寧な間取りのヒアリングによって、お客様の理想のライフスタイルに合わせた住まいをご提案します。神戸市エリアで家づくりを検討している方は、ぜひR+house垂水にご相談ください。

>>神戸市でデザインや性能にこだわった狭小住宅が建てられる「R+house」
白いガルバリウム鋼板のシンプルな平屋
#兵庫県神戸市東灘区 #兵庫県神戸市中央区#狭小住宅・狭小地 #建築家 #注文住宅 #新築 #R+house #個別相談 #坪単価 #家づくりの基礎知識 #デザイン #性能 #工務店 #アクセスが良い

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

原田建設株式会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.29

神戸市の住みやすさは?鉄道・バスなど交通アクセス情報をチェック!

原田建設株式会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.29

神戸市でマイホームを買うなら一戸建てとマンションどちらがおすすめ?価格相場もチェック

原田建設株式会社の家づくり写真
お金
2024.01.26

神戸市に住むなら知っておきたい子育て支援制度は?助成金や手続き方法などを徹底解説

原田建設株式会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.26

神戸市のハザードマップから見た水害リスクや地盤の強さは?注文住宅を建てる際の土地選びのポイントも解説

前へ
兵庫県神戸市の住宅ローン・金利まとめ!注文住宅を建てる時に欠かせないローン選びのポイント
神戸市のハザードマップから見た水害リスクや地盤の強さは?注文住宅を建てる際の土地選びのポイントも解説
次へ
兵庫県神戸市の住宅ローン・金利まとめ!注文住宅を建てる時に欠かせないローン選びのポイント
神戸市のハザードマップから見た水害リスクや地盤の強さは?注文住宅を建てる際の土地選びのポイントも解説

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅をご紹介します。

お客様の声
いただいたお客様の声を紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

原田建設株式会社の家づくり写真

高性能の家 - 高気密・高断熱

長きにわたって光熱費を抑えて豊かに暮らすために、お家づくりに必要な要素があります。R+houseは「冬あたたかく、夏は涼しい。暖冷房費を抑えた快適な暮らし」を実現するために、「高断熱+高気密+計画換気」をお約束します。
原田建設株式会社の家づくり写真

保証とアフターサポート

充実のロングサポートで、ご家族の暮らしを末永く守ります。建築中のお施主様に安心しておうちづくりを進めていただけるように、「完成保証サービス」を、また、お引き渡し後も長く快適に暮らせるように、R+house垂水では60年間にわたって家を守るアフターサポートプログラムを備えています。定期点検やメンテナンスなど、充実のメニューが揃っています。
原田建設株式会社の家づくり写真

手の届く価格で自由設計の家

R+house垂水では高性能住宅を手の届く価格でご提供します。なぜ建築家による自由設計の注文住宅を手の届く価格で建てることができるのかというと、それは家づくりに独自のルールを設けているためです。そのルールの範囲内で、建築家がベストな設計をすることで、コストパフォーマンスの高い、あなたのためのたったひとつの住宅をお届けします。神戸、明石で自由設計の注文住宅を建てるなら、ぜひR+house垂水へお気軽にご相談ください。

R+houseとは
私たちのR+houseとはをご紹介します。

白い外観の家

建築家とつくるデザイナーズ注文住宅 R+house

R+house垂水の家づくりは、デザイン性・高性能・コストバランスをとことん考え、みなさまに「長きにわたって本当に豊かに暮らせる家」を手の届く価格でご提供することをコンセプトにしています。
暮らしを豊かにする大きな役割が家にはあります。長きにわたって暮らす場所だからこそ、光熱費を抑えて、冬あたたかく、夏は涼しい家。きれいな空気な空気を保つ家。大地震に負けない家。みなさまが大切な家を安心・快適にいつまでも使い続けられるように。
R+house垂水は未来を見据えた高性能住宅を、建築家と私たち工務店がご提供します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

Youtube動画
Youtubeで公開している動画をご紹介します。

原田建設株式会社の家づくり写真
Instagramで投稿している写真をご紹介します。

原田建設株式会社の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談を承ります。

原田建設株式会社淡路島本社
住所
兵庫県洲本市五色町都志173-1
営業時間
09:00~18:00
休業日
土日、年末年始
R+house垂水|原田建設株式会社神戸支店
住所
兵庫県神戸市垂水区天ノ下町1-1 ウエステ垂水226
営業時間
09:00~18:00
休業日
年末年始